スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | 
惨劇に挑め。
今回は今私がプレイしているゲーム「ひぐらしのく頃に祭」の紹介をば。
「ひぐらしのく頃に祭」とは同人サークル07th Expansionが製作した同人ゲーム「ひぐらしのなく頃に」を原作としたアルケミストのPS2ゲーム。
ひぐらしのく頃にの紹介はこちら

ジャンル:サスペンスアドベンチャー。
レイティング:D(17才以上対象)
アイコン:暴力
ボイス:フルボイス(TIPS、前原圭一を除く)。

シナリオは原作とは異なり、オーソドックスなアドベンチャーゲームになっており、序盤の選択により各編が決まる。
分岐するシナリオは、原作「ひぐらしのなく頃に」の出題編(鬼隠し編、綿流し編、祟殺し編、暇潰し編)と解答編(目明し編、罪滅し、皆殺し編 ※祭囃し編は無い)に加え、新シナリオの盥回し編、憑落し編、澪尽し編を合わせ10通り存在する。

さて、プレイした感想

まず、OPで感動。そしてキャラボイスで再び感動w
やっぱ原作やってるとこうなるよな~w
キャラクターデザインは原作やアニメ見てるから、全体的に大人っぽく感じたけど、やってるうちに違和感なくなったw
前半の圭一、TIPSにボイスが入っていなかったのは少し残念←カケラ遊びで改良されるらしい。
フラグ立てが原作やってないときついかも。
原作未プレイの方は壱章の盥回しは原作出題編をプレイしてからをお勧めします。
って言っても未プレイの方は盥回しになる確立がかなり高いのですがw

最後に一言。

原作よりはるかに怖いです。

あ、いや音が(ぇ

まぁ、まだ盥回し編しかクリアしていませんが(ぁ
スポンサーサイト
この記事のURL | いろいろ紹介 | COM(0) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS

top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する


top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

top ▲
| Top Page |
 
© ぐーたらもうそうにっき. template designed by se-chu. material by Essence.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。